芸能

ゴッホ向井ブルーの出身高校や中学は?!彼女や事務所・ネタを調査!

みなさんゴッホ向井ブルーという方、
ご存知の方いらっしゃいますでしょうか。

勿論知ってる方は当たり前じゃんと思っ
ているかもしれませんね。

失礼しました。

イケメンと思った人多かったのでは。

そこで、タイトルに挙げた気になる事
を紹介していきますね♪

芸人になったっきっかけも載せています。
いい話ですよ。

最後まで読んでくださいね。

スポンサーリンク

プロフィールを紹介

職業:お笑い芸人

本名:向井 浩志

年齢:26歳(2017年現在)

出身:広島県大竹市

事務所:松竹芸能

野球ファン:広島東洋カープ

出身高校や出身中学について!

広島の大竹市出身ですが、
出身高校は広島県立西高等学校です。

高校へは2回行っていて、1年生の時
に退学して卒業資格を取るために高校
へ再入学したそうです。

西高校は通信制のみで、平成33年に閉校
してしまい他校の定時制高校と合併して
「広島市立広島みらい創生高等学校」と
して開校とHPにありました。

母校がなくなるのは寂しいですね。

出身中学校は、大竹市立玖波中学校では
といわれています。

アメトーク出演!芸人になったきっかけ

 

アメトークの「定時制高校芸人」での
トークで語った言葉そのまま載せますね。

<授業について>

『年齢層も多くいろんな人がいるので、
全員のレベルに合わせないといけないの
で英語の授業の時に一年かけてローマ字
のA~Zまでを覚える』

『広島出身ということもあって、社会の
授業の時に先生がテレビを付けてプロ野球
観始めたんですよ。たまたま広島カープの
野村謙二郎選手の引退試合の日で一時間
ずっと見た』

<修学旅行について>
『ユニバーサルスタジオジャパンだった
んですけど、応募した人が行けるみたい
な自由参加だったのですが、蓋を開けて
みたら修学旅行参加者が僕と、ヤンキー
先生、おばあちゃんの謎の4人でユニバ
ーサルスタジオジャパン行っても、基本
的におばあちゃんが主軸になるんで絶叫
系はひとつも乗れなくてアメリカっぽい
所を散歩する大阪まで行って散歩した』

他にもエピソードは?と振られて
(長文ですがいい話です!)

『そもそも僕が全日制辞めて定時制に編入
した理由きかっけなんですけど当時高校1
年生の時にM1グランプリがアマチュアで
も学生でも出れるというので、当時の同
級生と遊びでエントリーしたんですけど
当日、その友達が待ち合わせ時間になっ
ても来ないんですよ。

電話何回かけても繋がらなくて、受付に
すみません友達来ないんで今日出れませ
んと謝りに行って、そしたらその日の
予選のM1のMCをやられてた元天然素材
のメンバーのへびいちごさんがスタッフ
からその話を聞いたみたいで、帰ってる
僕を二人が追いかけて来てくれたんです
よ。

君やろ友達来ーひんの。
かわいそうだから舞台だけでも立ってみ
るか?と言って下さって、全員のネタが
終わったM1の最後お客さんがまだいるん
ですけど、僕とへびいちごさんと3人で
舞台に立たせて頂いて、お客さんの前で
「この子今日はな本当は出てくれる予定
だったんだけど友達がビビッて逃げてん
かわいそうやろ」と説明してくれて、

その後にへびいちごの高橋さんから言っ
て頂いた言葉がまだ僕の心に残っていて
「でもな、これだけは絶対に忘れてほし
くないんだけどお笑いだけは嫌いになら
んでな、君がまたお笑いにチャレンジす
ることがあったら俺らはいつまでも待って
るから頑張ろうや」と言って頂いて芸人
さんてこんなに素敵な人たちなんだって
、僕はその日にお笑いをやりたいと思っ
て家に帰って両親説得して高1で学校辞
めてお金を貯めて東京に出るために定時
制高校に編入した。

へびいちごさんのおかげで夢を見つける
ことが出来て定時制高校があったおかげ
で夢を追いかけることが出来た』

そこへ…蛍原さんが、M1グランプリに
来なかった友達からメッセージをもらっ
てます

『M1予選前日ネタ合わせをして上手く
行かず、僕は怒られてしまい、気まず
くなって行くのをヤメてしまいました。

きちんと言えてなかったけど、あの時は
行けなくてごめんなさい。ずっと応援し
てるよ』と。

いい話ですね。

スポンサーリンク

彼女はいるの?

顔は申し分ないイケメンなので、いても
おかしくないでしょう。

SNSを調べましたが、情報は得られませ
んでした。

こんなツイートを見つけました!

ファンは、彼女いたらショックですよね。

どういうネタをするの?

動画等調べましたが、でてこなくて…

熱烈なカープファンなので、カープ

ネタを披露されています。

面白い声が多いので、これからブレ
イク間違いないでしょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク